着物お手入れご相談の流れ。

着物のお手入れ

コロナ禍が長引く中、以前よりもお出かけが減ったことを逆手に取って、お家に眠っているお着物をタンスから出して、カビやシミなど発生していないか、チェックしてみてください。

梅雨明けのこの時期は、チェックしていただくのに最適な時期です。

タンスに重ねまま、長期間出していないと、シワにもなっています。

胸に変色シミが❗

袖にも❗

これらは、着用されたときに付いたシミと思われますが、その時は目立たなかったものが、経年変色で出てきたものです。

 

このようなシミが見つかったときは、きもの伸裳にお持ちいただくか、ご連絡ください。

※ご来店が難しい場合は、可能な限りお伺い致します。

お手入れの内容と見積もり結果をご連絡させていただき、ご承諾をいただけましたら、加工に取りかかります。

丸洗いとプレス仕上げで、シワはきれいに取れました。

変色シミも、かなり目立たなくなりました。

 

思い出のお着物をお手入れして、ご家族の思いと共に、次世代に継承していただくお手伝いをいたします。

お気軽にご相談ください。

前ページに戻る


上へ戻る