こんな時代にもめげず「成人式振袖着用」。

着付け

今日は、1月を延期して行われるはずだった成人式の式典の日でした。

ウィルス感染拡大の影響で式典が中止になったことは、とても残念なことです。

そんな中、

「一生に一度の機会だから」

「写真撮影だけでも」

「おじいちゃん、おばあちゃんに見せるために」と、

この状況にめげることなく振袖を着られるお二人の方から、着付けのご依頼をいただきました。

最初の方は、美容室TINOさんからのご依頼で、2回目のコラボとなりました。

振袖は、お母様の着られたもので、親子二代で着られることになりました。

 

お二人目の方の振袖は、ご親戚から借りられたものです。

 

着付けを終えて出て来られたお嬢様の姿を見て、込み上げてくるものを抑えたり、喜びを噛みしめておられるご両親の姿が印象に残りました。

こんな時代だからこそ、延々と受け継がれてきた日本の儀礼や、家族のつながり・絆を大切にすることが大事であると感じさせていただきました。

数年後、数十年後に「たいへんな時代だったけれど、あの時に着物を着て良かった」と思っていただけたら嬉しいです。

ご家族皆さまの繁栄をお祈り致します。

前ページに戻る


上へ戻る